小児歯科が目的とするのは、永久歯を虫歯になることから守ることです。

例え乳歯が虫歯になってしまったとしても早い段階で発見、処置を行い、永久歯が生え揃うまで定期的に検診をお受けいただくことで、お子様の大切な永久歯を虫歯から守ることができます。

なお、当院の小児歯科では、お子様の虫歯予防処置として、フッ素、シーラントの処置を行っています。

また、当院ではお子様の矯正歯科治療も行っています。お子様の噛み合わせで気になることがある場合にはどうぞお気軽にご相談ください。また、詳しくは 矯正治療 のページをご覧下さい。

当院の小児歯科の特徴

キッズルーム

当院の歯科医師は保育園医もしておりますので、小さなお子様との接し方、お口の中の状態の見極めなどにおいてのプロフェッショナルです。

お子様の歯の検診や治療など、どうぞ当院にお任せいただければと思います。

なお、当院はキッズルーム完備、保育士の資格を持つスタッフが常駐しており、お母様の治療中など、小さなお子様を大切にお預かりさせていただきます。(要予約/無料)

当院の虫歯予防処置

フッ素処置

フルオール・ゼリー

フッ素は天然の元素で、フッ素が発育時や萌出後の歯に作用することで、歯質が強化され、虫歯予防の効果が期待できます。

当院では歯面への停滞性が良いとされているトレー法によるフッ素処置をおこなっております。

フッ素のメリット

フッ素が歯に作用すると、歯の主成分のハイドロキシアパタイトがフルオロアパタイトという結晶性の高い構造になり、歯が酸に対して抵抗性をもつようになり、虫歯になりにくくなります。

フッ素によって虫歯の原因菌の働きが弱まり、歯を溶かす酸を作り出す力が抑えられることで、虫歯になることを防ぎます。

さらに、フッ素が唾液中に溶け出したカルシウムやリン酸などのミネラル成分を再度歯に取りこんで再石灰化させる働きにより、ごく初期の小さな虫歯であれば治ることもあります。

シーラント

シーラント

乳歯の奥歯や6歳臼歯(第一大臼歯)が萌出したら、噛み合わせの溝の部分が虫歯になる前にシーラントというコーティングをしておくことで虫歯予防の効果があります。

子どもの歯の溝は永久歯よりも深いもので、また一番初めに生えてくる永久歯の奥歯である6歳臼歯は全く削れもないため溝が深いです。

そういった深い溝には汚れがたまりやすく虫歯になりやすいです。そこで虫歯になる前にあらかじめ、フッ素の入っている樹脂を流しみ、その溝を滑らかに埋めておくことで虫歯を予防するのがシーラントです。

ご予約・お問合せ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3499-1430

平日10:00-13:30 / 15:00-19:00 休診:土・日・祝

診療時間

〒106-0031 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル3F

東京メトロ千代田線「乃木坂駅」徒歩7分
東京メトロ日比谷線「六本木駅」「広尾駅」徒歩7分

都営バス:【都01】【黒77】【品97】『西麻布』バス停
バス停案内はこちらから