歯を失ってしまったお口が機能を取り戻すための選択肢の一つが、入れ歯を入れることです。

1本以上の歯が残っている顎の欠損している歯の部分を補うためには「部分入れ歯」を、全ての歯の欠損を補うためには「総入れ歯」を入れます。

部分入れ歯では残っている歯に支えを求めて入れ歯を安定させ、総入れ歯では口の中の広い範囲の粘膜面に大きく被さるようにしてその吸い付きによって全体を安定させます。

当院では、部分入れ歯、総入れ歯ともに、自費、または保険での入れ歯の作製が可能です。

当院でお作りできる入れ歯には以下のものがあります。

レジン床義歯(保険で入れられる入れ歯)

保険の入れ歯

レジン床義歯は保険で入れられる入れ歯で、歯肉などお口の粘膜に触れる部分は歯肉のピンク色をしたプラスチック樹脂材料で、歯の部分は歯の色をしたプラスチック樹脂材料で作られます。

部分入れ歯ではここに、入れ歯の安定させるための支えとして残っている歯に掛ける金属製のワイヤー(クラスプ)が加わります。

補強のために歯肉のピンク色のプラスチック樹脂材料の中に金属が使われることもあります。

レジン床義歯のメリット・デメリット

レジン床義歯のメリットは保険で安価に作成、口腔機能を回復できることです。

ただし、プラスチック樹脂材料で作られる入れ歯なので、割れることを避けるために一定の厚みが必要です。

そのために、お食事の温度を感じにくかったり、口の中が狭くなったような感じがしたり、会話や発音がしにくく感じる方もいらっしゃいます。

また部分入れ歯では、入れ歯の安定のために残った歯に支えとして使われる金属製のワイヤー(クラスプ)はなるべく見えにくい位置やに設定したいところなのですが、歯の状態や噛み合わせの関係ではどうしても見えやすい位置になってしまうことがあります。

プラスチック樹脂材料で出来ていることで丈夫さに欠けるところはあるレジン床義歯ですが、壊れたときの修理が比較的容易なことはメリットといえるでしょう。

金属床義歯

金属床義歯

そういったレジン床義歯の諸問題を解決できるのが金属床義歯です。

金属床義歯では、入れ歯自体の厚みをなるべく薄くして、熱伝導性をよく、使用時の違和感をできるだけ減らすことができます。

レジン床義歯のお口の内側の外からは見えにくい部分、ちょうど舌の動く範囲のレジンをチタンやコバルトクロムといった生体親和性の高い金属素材に置き換えることで、薄くて熱伝導性の良い、自然な使用感の入れ歯の作成が可能です。

金属床義歯のメリット・デメリット

金属は熱伝導性が優れているので、食べ物の熱い・冷たいといった感覚がきちんとお口の中に伝わり、お食事を自然に、美味しくいただくことができます。

厚みも大幅に薄くすることが出来るので、発音に支障がなく、自然に話せること、金属面や移行面は滑らかで汚れがつきにくく、清掃がしやすいこともメリットです。

デメリットは、破損した場合の修理がやや難しいこと、金属アレルギーがある方にはお使いいただけないこと、保険治療でなく自費治療になることです。

ノンクラスプデンチャー

バルプラスト

レジン床義歯の部分入れ歯の金属製ワイヤー(クラスプ)がどうしても見えやすいことが気になって大きな口を開けたり、笑ったりすることにお困りな方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのが、ノンクラスプデンチャーです。ノンクラスプデンチャーではその名の通り、保険の部分入れ歯には必須の金属製のワイヤー、クラスプが使われず、入れ歯と一体化した自然な歯ぐきの色の素材をクラスプ状にします。

入れ歯全体が自然な歯と歯ぐきの色をした特殊な樹脂で出来た軽くて弾力のある入れ歯、ノンクラスプデンチャーは、「部分入れ歯のワイヤーが見えるのが嫌」な方におすすめの治療法です。

また金属を一切使用しないので、金属アレルギーが心配な方にもお使いいただけます。

当院では数あるノンクラスプデンチャーのうちでも「バルプラスト」を採用しています。

バルプラストとは?

バルプラストは、1956年にアメリカで開発されて以来、世界95ヶ国以上で使用されている最も代表的なノンクラスプデンチャーです。

バルプラストの利点

  • 見た目に美しく、入れ歯を入れていることを周囲に気づかれにくいです。
  • 歯の付け根部分にいい具合に嵌まり込み、密着、安定します。
  • 滑らかで弾性に優れた素材で割れる心配が少なく丈夫です。
  • 薄く作れるのでお口の中の違和感が少ないです。
  • 従来の入れ歯の1/2の軽さです。
  • 金属を使用しないので金属アレルギーが心配な方にもお使いいただけます。

ご予約・お問合せ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3499-1430

平日10:00-13:30 / 15:00-19:00 休診:土・日・祝

診療時間

〒106-0031 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル3F

東京メトロ千代田線「乃木坂駅」徒歩7分
東京メトロ日比谷線「六本木駅」「広尾駅」徒歩7分

都営バス:【都01】【黒77】【品97】『西麻布』バス停
バス停案内はこちらから