当院では歯科口腔外科の治療として、親知らずの抜歯、顎関節症の治療を行なっています。

親知らずの抜歯

親知らず

患者様方が歯科受診を受診される理由の1つに親知らずの痛みがあります。当院では、抜歯が必要な親知らずに関しては、無痛麻酔下での抜歯手術を行っております。

親知らずとは

親知らずは第三大臼歯とも呼ばれ、全ての他の歯が生えそろってから暫くした10代後半〜20代中頃までに、歯列の一番後ろに生えてくる奥歯です。

親知らずは上下左右の4本、全て生える方もいれば全く生えない方もいて、人それぞれです。生え方も様々で、きちんとした向きで生えて普通の奥歯として噛み合わせて使えるものもあれば、中途半端に生えていたり、向きが斜めだったり、真横に向いていたりするものもあります。

親知らずという呼び方は、自立して既に親が関知しない頃に生えてくる歯であることが由来のようです。

親知らずの抜歯が必要なケース

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が必要なケースは以下です。

  • 親知らずの周りの歯ぐきが何度も繰り返し腫れる
  • 親知らず自体が治療しても治せないほどの大きな虫歯になっている
  • 親知らずの手前の歯(第二大臼歯)の後ろ側が虫歯になっている
  • 親知らずや周囲のブラッシングが難しく、痛みが出ることが多い
  • 親知らずを含んだ嚢胞などの病変があり、何らかの症状がある
  • 生える向きなどの関係で頬の粘膜を噛みやすく傷になりがちである
  • 顎関節に悪影響があると思われる
  • 親知らずが歯並びに影響してしまっている
  • 矯正治療のために親知らずを抜歯する必要がある

…など、何らかの理由がある場合です。

当院では親知らずだからといって全ての親知らずの抜歯の奨励はいたしません。

他の大臼歯同様、綺麗に並んできちんとした向きで生えて噛み合わせにもしっかり参加している親知らずは抜くことなく、他の歯同様に大切にしていくのがよいと考えます。

なお、横向きに萌えていたり、歯ぐきにほぼ、もしくは完全に埋まっているもので抜歯適応のような抜歯が難しいケースでは、近隣の大きな病院や大学病院をご紹介させていただきます。

顎関節症

顎の痛み

口を開け閉めするときに片側もしくは両方の顎の関節に痛みや違和感があったり、カクカク、もしくはゴリゴリと音が鳴ったり、関節周りの筋肉がこわばる感じがあったり、口が大きく開かなかったり、開いたら開きっぱなしになることがあったり、顎がずれる感じがあったり…

このような症状がある場合、顎関節症の疑いがあります。

当院の顎関節症治療について

当院の顎関節症治療では、症状をお聞きして痛みがあるようでしたら、まずは鎮痛剤を処方するなどして痛みを取り除きます。

そして、顎関節症はその症状からいくつかの型に分類されるのですが、関節の触診をしたりレントゲンを撮ったりするなど精査して、顎関節症の型の分類を行います。

症状が痛みだけの場合など、鎮痛剤の内服だけで軽快することもあるのですが、そうでない場合には更に治療が必要です。

鎮痛剤で痛みや筋肉のこわばりといった症状が取り除かれていたり和らいだりしていることはその後の治療をスムーズにします。

顎に悪影響のあるような習慣があれば指摘をさせていただき、必要と思われるケースでは症状の改善に効果のある運動を指導させていただくこともあります。

スプリント治療

マウスピース治療

また、就寝時に歯ぎしりや食いしばりがあったり、関節と連動して動く関節円板という軟骨様組織にずれがあるようなタイプにはスプリント治療が有効です。

スプリントとは顎関節症の治療用のマウスピースで、透明なプラスチック素材でできています。歯ぎしりには歯ぎしり防止用の、関節円板がずれやすくなってしまっているケースには関節円盤の整復のための、それぞれ形状の異なるスプリントを作成します。

スプリントは患者様の歯型を型取りさせていただきオーダーメイドで作成します。スプリントを歯列にはめて、特に就寝時を中心に一定期間使用していただくことで顎関節の症状の改善が期待できます。

ご予約・お問合せ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3499-1430

平日10:00-13:30 / 15:00-19:00 休診:土・日・祝

診療時間

〒106-0031 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル3F

東京メトロ千代田線「乃木坂駅」徒歩7分
東京メトロ日比谷線「六本木駅」「広尾駅」徒歩7分

都営バス:【都01】【黒77】【品97】『西麻布』バス停
バス停案内はこちらから